名古屋市名東区一社のsyna×care(シナケア)の不妊治療を頑張る女性のための妊活専門サイト

シナケアの不妊治療

②妊娠~産後までのケアについて

◆出産後~育児期のケア◆ ペースの目安:1回/1~2ヶ月


 


出産、育児により体力を消耗し、また夜中の授乳などにより睡眠不足となることで、自律神経が乱れ、様々な不調も出やすくなります。


また抱っこやおんぶなどで、肩や腰、手首などに負担がかかりやすくなります。


 


「楽しく元気に子育て」ができるように、お母さんの心と身体のケアもしっかりサポート致します。


 


産後の体調やご症状に合わせた治療プランをご提案します。


 


【女性外来(鍼灸治療、アロマ)でケア】


 


産後の月経の乱れ、体力消耗、母乳が出ない、眠れない、マタニティブルーなど。


 


鍼灸は自律神経やホルモンバランスの働きを整えてくれる作用や、自然治癒力を高める作用があり、産後の体力を回復させ様々な症状を根本的に改善させます。


 


アロマテラピーは様々な香りによって脳や心に働きかけ、ストレスケアに有効です。それだけではなく、植物から抽出される薬理成分を皮膚から吸収させることで心身の働きを高めます。


 


【姿勢とゆがみ外来でケア】


 


産後の骨盤矯正、抱っこによる腱鞘炎、首・肩・腰・股関節の痛みなど。


赤ちゃんを産んだあとの骨盤は緩んでいます。


 


これは妊娠中や出産時に分泌される『リラキシン』というホルモンの影響で、骨盤の赤ちゃんが出てくる部分の靭帯が緩み、出産をスムーズに行うための自然な働きです。


 


本来は産後は骨盤の緩みは自然に戻るものですが、現代の女性は下半身の筋肉を使う機会が減ったために、骨盤がうまく元に戻らず緩んだままの状態となってしまいます。


 


マッサージやストレッチ、整体、鍼などを組み合わせて施術し、患者さまにも家でできる簡単なストレッチをお伝えしています。


シナケアの想い


このように、妊娠前、妊娠中、出産後、、、いろんなライフステージによりお身体が大きく変化します。


女性はホルモンや自律神経などの影響で身体の不調も出やすいものです。


病気ではないけれど、『なんとなく不調』ということも多いと思います。


それは身体のサイン。


 


自分の身体に向き合って、しっかりとケアし、様々なステージでも快適にお過ごしいただきたいと考えています。