名古屋市名東区一社のsyna×care(シナケア)の不妊治療を頑張る女性のための妊活専門サイト

シナケアの不妊治療

不妊症の現状・不妊検査

◆知っていますか?不妊症の現状◆

まず病院にかかると不妊の原因がないか、また健康状態を知るために検査を行います。
検査の項目によっては生理周期に合わせて行うものもあるので、検査の目的や時期などを理解した上で受けるのがベストです。

◇女性の場合
・経膣超音波検査……超音波検査用の細い器具を膣内に挿入して、子宮や卵巣の異常の有無を診断する。
・血液検査……生理周期の卵胞期、黄体期に合わせて、分泌されるはずのホルモンが正常に分泌されているか調べる。
・抗精子抗体……妻が精液によって、抗精子抗体を産生することによる不妊で、そういって抗体を持っているか調べる検査。
・クラミジア検査……クラミジアの抗原の有無を調べる検査。
・フーナーテスト……排卵日推定日の性交後に、子宮頸管粘液内の精子が動いているかを検査。
・卵管通気(または通水)検査……炭酸ガス、または生理食塩水を使って、卵管の通り具合に異常がないか調べる。
・子宮卵管造影検査……造影剤を使って、卵管に閉塞や癒着、水腫などの異常がないか、また子宮の形状にも異常がないか調べる。

 

など。もっと細かく調べる検査もあったり、病院によっても違いますし、すべてをいっぺんに受けるものでもなく、段階を経て検査を行う病院もあります。

 

◇男性の場合
・触診・視診……陰嚢の硬さや大きさ、痛み、などを触ったり診って検査をする。
・精液検査……精液を採取し洗浄・濃縮し、量、運動率、奇形率、比重、濃度などを調べる。精子そのものだけでなく、精巣・精管・前立腺・睾丸などの問題を見つけるきっかけともなる。

 

など。異常があった場合にはさらに精密に検査をします。

 

赤ちゃんがほしいなと思ったら、不妊治療をするかしないかは別として、自分のカラダを知る意味でもまずは検査をすることをおすすめします。
赤ちゃんができずに数年経ってから病院へ行き、検査で異常が見つかったという場合もありますが、その間の時間がもったいないですよね( ノД`)

 

また、『ご主人がなかなか検査に行ってくれない!』ともよく聞きます。
恥ずかしい気持ちはわかりますが、奥さんだって恥ずかしかったり、痛い思いをして検査をしています。男性よりもはるかに検査の項目だって多いんですよ!
男のプライドが・・・と言っている場合ではありません!奥さん一人だけでは妊娠できません!そういったご主人様にはもっと協力的になっていただきたいですね^^

シナケアの不妊治療についてはこちら