名古屋市名東区一社のsyna×care(シナケア)の不妊治療を頑張る女性のための妊活専門サイト

シナケアの不妊治療

不妊症の現状・原因

我が国、日本では現在『7組に1組』が不妊症で悩んでいると言われています。数年前までは、10組に1組と言われていたのに、どんどん増えているんです・・・! 背景には晩婚化や女性の社会進出、食の欧米化、ストレスなどさまざまあります。しかしながら『妊娠』についての知識をしっかり持っている人は男女問わず少ないように感じます。

・女性は生理がある限り妊娠できる。
・若いから絶対に自然に妊娠できる。
・不妊症は女性の原因だ。(男性は関係ない)
・病院に行けば不妊症は治る。

・・・・と思っている方、とても多いです。でも残念ながらどれも間違いです

女性側の原因:41%男性側の原因:24%両方の原因:24%原因不明:11%(WHO統計)

女性と男性の不妊の原因は、男女両方原因も合わせるとほぼ半々なのです。

【女性の原因】

1. 排卵障害:ホルモンの異常や卵巣の状態により、卵子が排卵できない状態

2. 卵管障害:何らかの原因で卵管が狭窄、癒着、閉塞していて卵子が通れない状態

3. 内分泌ホルモン異常:ホルモンが正常に分泌されていない状態

4. キャッチアップ障害:卵管采が機能せず、卵子を卵管に取り込めない状態

5. 免疫因子:抗精子抗体により精子を異物と認識して免疫で攻撃する状態

6. 着床・内膜因子:子宮内膜の異常や内膜を維持するためのホルモンを分泌する黄体の機能に異常がある状態(子宮内膜症、子宮筋腫、黄体不全など)

7. 子宮頸管因子:頚管粘液の分泌が十分でなく精子が通りにくい状態

8. 子宮因子:子宮の形に奇形があること

9. 原因不明 など

【男性の原因】

1. 乏精子症:精液の中に精子はいるけれど、その数が少ない状態。

2. 精子無力症:精子の数は正常だが、精子の運動率が悪い状態。

3. 無精子症:精液中に1匹も精子がいない状態。

4. 内分泌ホルモン異常:ホルモンが正常に分泌されていない状態

5. ED(勃起不全):性交時に十分な勃起が得られない、勃起が維持できない、満足な性交が行えない状態

6. 精索静脈瘤:陰嚢内の温度が上がる等から精巣の発育不全などを発症し、精子形成に悪影響を与える

7. 膣内射精障害:膣内で射精することが困難な状態

8.原因不明 など

基本検査では『原因不明』となっていても、いざ人工授精や体外受精などのステップアップをしてからわかる原因もあります。

なので、あれ?なかなか妊娠しないなと思ったら、1度ご夫婦そろって病院で検査してもらうことをおすすめします。